ヘアカラーのシミが付いてしまった・・・

更新日:2021年8月3日


こんばんは、クリーニングベルの鈴木です。

今日は、コートに付いたヘアカラーのシミ抜きについてお話いたします。



ヘアカラーには種類があります。


酸化染毛剤は、一旦染まると色持ちが長い時間維持されます。

染毛力に優れていますが、有効成分の「酸化染料」が体質や肌状態によってはかぶれにの原因になるため、使用前にアレルギー試験(バッチテスト)を行います。

色が染まる仕組みは、有効成分の酸化染料が毛髪の中に浸透し、酸化して結びつきことで発色し、色を定着させます。

酸化染毛剤には染色と毛髪の色素であるメラニンを脱色する2つの働きをする作用があり、オシャレ染めができます。

一番手軽に髪の色を変えられる、ヘアカラースプレー・ヘアマスカラ・カラースティックがあります。

こちらは顔料などの着色剤を髪の表面に付着させて、一時的に着色します。

着色は、数回のシャンプーで落ちますので、手軽に着色できます。

注意点は、汗や雨などで色落ちし、衣類に付着することがあります。

当店でも、衣類に付着した品物が持ち込まれます。