ダウンジャケットの焦げ跡修理(リフォーム)

更新日:8月4日


寒くなり、防寒着を着るようになりました。


そうなると毎年あるのが、ダウン系のジャンパーやコートに焚火の火の粉やたばこで焦げ穴ができたり、引っかけて破れたりしてしまい、ダウンが飛び出てしまうという事例です。

こうした品物を、よくお預かりします。


穴があいたり、破れてしまっていると、クリーニング時にダウンが出てきてしまうので、お断りしてすることがあります。

しかし、品物によっては、穴をふさぐための生地が本体から取れるものもあり、完全を求めないことをお客様にご了解頂いたものは修理することが可能です。


汚れたのでクリーニングしたい!


でも、穴や破れがあってクリーニングできない。

そんな状態でもあきらめて捨ててしまうのはもったいないので、これからはどんどんお客様にご提案していくように致します。


■焦げ跡リフォーム前    ■リフォーム中       ■リフォーム後

※よく見ないと分からないレベルです。

本件の場合、リフォーム料金は700円でした。

大きさにより料金が変わります。

見積もりは無料ですので、お気軽にどうぞ!


お役に立てば幸いです。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示