スラックスの虫穴修理とベルの検品

更新日:8月4日

こんばんは、クリーニングベルの鈴木です。


衣替えはお済すみでしょうか?


この時期は、コートやセーター、ダウンをお持ちいただいています。 当店がクリーニング前の検品でお客様が気づかない虫穴や汚れを見つけ、お客様にご相談することも多いです。


ベルの検品は、お客様に満足をお約束するサービス水準を満たすことやトラブルの回避を目的として、とても神経を尖らせてやっております。 だからこそ、1mmの穴も見つけてしまします! 小さい穴も早く修理してしまえば、目立たなく直すことができるのです。 本日は、そんな事例をご案内致します。


目を凝らして検品する中で、とても小さい穴が開いてしまっているスラックスを見つけました。


■修理前          ■裏から接着芯       ■裏から共布接着

■メッシュ生地接着     ■完成

穴は小さい時に修理した方が、料金もお安いですし、穴も目立たなくなります。 参考までにお知らせすると、リフォーム料金は540円(税込)です。


お役に立てば、幸いです。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示