こだわりの自社仕上 羽毛布団クリーニング!

更新日:8月4日

こんにちは、クリーニングベルの鈴木です。


今日は日曜日です。

お店はお休みですが、土曜日にたくさんのお客様にご来店頂き、冬物を御預かりしましたので、

納品遅れが出ないように仕事しています。


品物が多くなると仕事時間が足りなくなるので、夜遅くまでクリーニングして終わらなければ、

お休みも返上して仕事をさせていただいております。

どんなに忙しくても、いつも通りの品質を維持したいという職人のような私だからです(笑)。


たまに、お客様から『羽毛布団はどのようにクリーニングしているか?』というお問い合わせがありますので、

本日はその工程をお知らせしたいと思います。

あくまでも、当店独自の工程ですのでご了承ください。

 ※ご自宅の羽毛布団の洗濯の参考にならないかもしれませんがご容赦下さい。


基本的に、当社では外注さんに仕事を出すことはありません。

お預かりした品物が自分の手から離れると心配なので、自社でクリーニングしています。

 ※羽毛布団は水洗いします(一部不可の品物を除く)



■お客様からお預かりした羽毛布団


■準備と洗い

羽毛布団は空気をたくさん含んでいるので、洗濯機の中で浮力が働くことで水を吸い込まず、水面に浮いてしまいます。

そこで、布団をロール状にして縛って空気を抜いて浮力をなくし、さらにタオルケットなどを入れて、きれいにドラムのなかで回転するようにセットします。


■洗い後

ダウン製品は、水洗いするとダウンボール(羽の塊)になりますが、このようにして洗うとあまり塊になりません。

プロなので乾燥時に、ボールと一緒に入れて回すことなどしません。

それは、品物に負荷が掛かってしまうからです。

 ※ダウンジャンパーの洗い方も、後日機会を作ってお知らせします。


乾燥機で数分乾かし、2日自然乾燥して、仕上げにもう一度乾燥させます。


■仕上がり

ふっかふかです!!




これだけ工数を掛けて、心を込めてキレイをお届けしております!

お役に立てば、幸いです。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示