着物の黄変・変色・擦れ直し

更新日:8月3日

こんばんは、鈴木です。


長い髪とケガをしていない小指が懐かしいです。

昨日、予告していました留袖を修復しました。

全体の色が黒ではなく、黄色が掛った黒なので色合わせが難しい。

数ヶ所色(数は多いです)が抜けていて茶褐色になっていました。

胸辺りは擦れていて大変!!

ともあれ、お客様の要望は着て目立たないようになればいいとのこと。


まだまだ 修行が足りないのでかなりの時間がかかりました(汗)

しかし、シミはかなり目立たなくなり、部分的な修復は終わり。



【修復前:Before】     【修復後:After】


【修復前:Before】     【修復後:After】


【修復前:Before】     【修復後:After】

明日は、全体の色を黒く蘇る加工剤をピースガンで吹きつけます。

テストして、結果次第です。

染めるのではないので、洗うと落ちます。


お客様のご希望は、1回だけ着ることができて、予算もレンタルよりは安くということ。

なんとか目立たなくなるように頑張ります。


お役に立てば幸いです。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示