掛け過ぎにご注意!~消臭剤のシミ抜き~

更新日:8月4日


こんばんは、鈴木です。


昨日のBlogに「太陽はいつ出るんだ?!」と書いたら、今日は出ました。(笑)

気温も32度ぐらいはありましたね!

8月程の暑さではありませんでしたが、汗ばむ気温でした。


今日は、この時期に活躍している、メーカー各社が販売している消臭剤についてです。



『吹き付けて洗う』という表現のコピーを使う商品もありますが、

それは、あっていますか?



クリーニング業の立場からの意見ですと、汗や臭いを封じ込めているだけで、

洗い流しているわけではありません。


着たら毎回クリーニングできたらいいのですが、お金がかかるから、

何回もスプレーしてしまう・・・・

そうすると、何層にも皮膜ができてしまい、ゴワゴワになってしまいます。

時間が経つと変色してしまう場合もあり、汚れが溜ってしまうことになります。



1・2回程度であれば良いと思いますが、3・4・5・6・7回はお止め下さい!

服が重く感じたら『×』です!



今月位からこのような品物が多く持ち込まれます。

消臭剤のシミが付いてしまっています。



シミが落ちるものはよいのですが、中には色が変わってしまい、

何回も吹き付けた所が白っぽくなっているものもあります。



ここまでなると、クリーニング(ドライや水洗い)しても取れません。。。(涙)

他にも数ヶ所のシミがありました。

膜に圧力をかけて、シミを分解しました。



【シミ抜き前:Before】   【シミ抜き後:After】



きれいに取り除くことができました!

お客様にも、お喜びいただけれ幸いです。


消臭剤スプレーはとても便利ですが、使い過ぎにはくれぐれもご注意下さい。


お役に立てば幸いです。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示