婦人ジャケット(麻・綿混紡)のワインのシミ抜き

更新日:8月4日

おはようございます。 クリーニングベルの鈴木です。


毎朝3時半に起き、会社に4時半には入っています。 朝がはやすぎるかもしれません(笑)


クリーニングベルのホームページをご覧になってご依頼いただいた婦人ジャケット(麻・綿混紡)のワインのシミ抜き事例をご紹介させていただきます。


ブログにシミ抜きの事例をあげると、同じようなシミがついたご依頼があります。 これは、ブログを更新する私にとっても大きな励みになりますし、とても嬉しいことです。 その一方で長い間、大月でクリーニング店を営んでおりますが、当店はしっかりとシミ抜きができる店であることが、まだまだ伝えきれていないということを実感します。



さて、話を本題に移します。 生成りの素材だと、シミ抜き出来ないとお断りするお店が多いのですが、当店ではご対応可能です。



■シミ抜き前        ■シミ抜き後


きれいにすることができました! 他にも、お客様が気付かなかった所にもシミがありましたが、それもきれいになりました。 万が一、他店でクリーニングを断られた場合でも、クリーニングベルにお気軽にご相談下さい。


お役に立てば、幸いです。





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示