コートのボタン交換リフォーム

更新日:8月5日

こんばんは、鈴木です。

4月に入り、冬物クリーニングのお預かりが増えてきました。


そして、この衣替えのシーズンには、洋服についてのたくさんのご相談をいただきます。

キズ・サイズ直し、各所部分交換のリフォームは特に多いです。


クリーニングベルでは、次の冬までに不具合を直して、また着用していただけるように

各種リフォームメニューをご用意しています。



今回は、コートのダッフルボタンの交換リフォーム事例をご案内致します。

ボタンのループなどが合皮(フェイクレザー)で作られていたものが、経年劣化により

表面が剥離してしまったのです。

本体は問題ありませんので、その部分を除けばまだまだ着用できますが『これでは捨てるしかないわね』というお客様からのご相談でした。


合皮製品は、耐久年数が2年から5年といわれています。

クリーニングベルでは”もったいない”のでリフォームによって、また着用できるようにいたします。


【交換前】               【交換後】

まだまだ、着ていただけるようになりました!


当店では、お客様の問い合わせに早く応えられるように努力しています。


お役に立てば幸いです。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示